埋没毛はどうしてできる?解消法は?

埋没毛について

埋没毛について考える女性
ムダ毛の処理は女性にとって欠かせないものですが、カミソリや毛抜きで自己処理を繰り返していると、黒いブツブツができることがあります。この正体は「埋没毛」です。

埋没毛とは、毛が皮膚の中で成長してしまっている状態のことです。カミソリや毛抜きを使用することによって、肌表面は傷ついてしまいます。すると、ダメージから保護するために肌は分厚く、固くなっていきます。この固くなった表皮が毛穴を覆ってしまうと埋没毛が発生するのです。

埋没毛はカミソリや毛抜きでのムダ毛の自己処理を続ける以上、解消しません。悪化する一方です。埋没毛をつくらない、キレイに解消するために最適な方法は永久脱毛しかありません。

できてしまっている埋没毛を無くすために

現状、できてしまっている埋没毛を無くすには、角質化してしまっている固い表皮を改善する必要があります。効果的なのはスクラブマッサージやピーリングです。肌表面の角質を取り除けば、塞がっていた毛穴が顔を出し、閉じ込められていた埋没毛を自然に除去できます。

やりがちですが、絶対にNGなのは爪などでひっかいて無理矢理ほじくり出そうとすること。肌が傷ついて、ひどい場合は出血し、ブツブツが悪化してさらに汚い見た目になってしまいます。どうしても早急に埋没毛を取り除きたい時は、消毒した清潔なピンセットでつまみ出しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*